太陽光発電の利用法

建設現場

ソーラーシェアリングは近年トレンドとなりつつある農地の活用方法で、農地部分に支柱を立て、上部に太陽光発電システムを設ける手段です。これにより農業と発電の両方を同時に行うことができ、営農型発電設備とも呼ばれています。 以前からソーラーシェアリングについては民間企業などから、その構想が上がっていましたが、農地に支柱を埋める事が農地転用にあたるとして、法律上の問題もあって進展しませんでした。しかし農林水産省が2013年に農地転用についての問題も一定基準の元に認めることとなり、現在ソーラーシェアリングを導入する農家が増えています。 ソーラーシェアリングは収穫量の増加も期待されており、今後の日本の農業を変える可能性があるとして、大きなトレンドになりつつあります。

一般的に太陽光発電を購入できる販売店は特定メーカーの代理店を除くと複数の商品を取り扱っています。これらの商品は太陽光発電の製造販売メーカーから仕入れており、その商品を販売店は利益を上乗せして販売しつつ、さらに取り付け工事業者を仲介することでその仲介料を得るのが、一般的な販売店の事業となります。 このため太陽光発電に関わる事業者は、まず製造と販売をするメーカーが有り、その商品を仕入れて販売する販売店、もしくはメーカー特約店があります。さらにこれに加えて太陽光発電システムの取り付け工事を行う業者が加わります。 これらの事業者はメーカーごとに太陽光発電のパネルやパワコンの性能が違っていますし、販売店の価格や施工業者の対応や工事技術も違ってくるため、慎重に選ぶ必要があります。