足場を作る

設計図を持ってきた

建物の大規模改修する場合には外部工事を施工するために外周に足場を設置します。この足場は大風が吹いても倒壊しないようにしなければなりませんから、建物にアンカーボルトで緊結する必要があります。アンカーボルトを打ち込むときには監理の音と振動がします。足場を全面委設置した後には養生シートで周りを覆います。建物は稼働中ですから養生シートで覆った瞬間から部屋では昼間でも証明をつけていないといけなくなってしまいます。こうした状況を避けるために最近では大規模改修工事でも無足場工法を採用して施工するケースが出て来ています。必ずしも外部工事が多くないということが前提条件になっているようですが、屋上からロープを吊って作業を行います。

新築工事の場合にも外周に足場を設置するケースも無足場で施工するケースもあります。足場を架けても中を使用しているわけではありませんので、特段の問題はありせん。大規模改修工事は稼働中の建物で行いますから出来れば無足場の方が中にいる人たちにとっては好ましい方法です。足場を設置してしまうと設置期間の間ずっと内部が暗くなってしまいます。無足場の場合には施工する天候条件は制約されますが、足場の設置の必要が無いため設置とばらしの時間が節約できるので工期的な問題は発生しないと思われます。屋上から吊った状態で作業を行いますので落下物には注意をしなければなりません。お互いにメリット、デメリットがありますので、具体的な検討は建物ごとで行うことになります。